トレーニング運営事務局((株)ナノオプト・メディア内)
03-6258-0590contact@f2ff.jp

Cyber Security Expert Training

Black Hat Europe / Las Vegasなどの大規模なカンファレンスで講師を務める英国NotSoSecure社のトレーナーによる
完全実践型でセキュリティ・エキスパート養成に効果を発揮する様々な「トレーニング」コースを開催しております。

※掲載イベントはすべてオンラインにて実施いたします。

トレーニング

お問い合わせcontact@f2ff.jp

2021年6月10日(木) - 2021年6月11日(金)
Advanced Brand Marketing

 Marketing

Claranet BIH-1.jpgのサムネイル画像 *通訳付きコース
ブランドマーケティングの権威から学ぶあらゆるブランディングの手法を学ぶコース
市場シェアの拡大、利益率の向上など、ビジネスの成長と永続的な成功は、ブランドの強さと表裏一体の関係にあります。企業ブランド、製品ブランド問わず、強いブランドの確立には、他ブランドと差別化できるポイントを明確にし、それを説得力のある表現で市場にアピールすることが重要です。しかし、自ブランドの強みを強調することはできても、他社・他ブランドとの差別化を明確に打ち出すのは非常に難しいミッションであるのもまた事実です。激しい価格競争に晒されている業界があるとしたら、それは、消費者がブランドを区別することができず、単純に"安いもの"を求めている状況になっているとも考えられます。冒頭での説明の通り、ビジネスを安定的に発展させるには、「ブランドの確立」が欠かせないのです。

本コースではこの点を踏まえ、米国マーケティング協会(AMA)のマーケティング諮問委員会の次期会長でもあるMitch Duckler氏が「本当に欠かせないブランディング」について講義します。

会場 詳細・お申込み
オンライン開催 詳細・お申込み

2021年10月 1日(金) - 2021年10月31日(日)
Application Security for Developers【10月中旬開催予定】

 Cyber Security

Claranet BIH-1.jpgのサムネイル画像 *通訳付きコース
アプリケーションセキュリティの脆弱性を理解し、防御するための戦略を学びます。
Application Security for Developers はWebアプリケーション開発者のための中級クラスです。
ペンテスト(セキュリティテスト)は、SDLCの最後にセキュリティの脆弱性をキャプチャする傾向があり コードの記述方法といった根本的な変更をするには遅すぎることがよくあります。
このコースでは、開発者がセキュリティ専門家と同じページにアクセスし、言語を理解したり、脆弱性を修正・軽減したりする方法を学びます。
Facebook、Google、Shopify、Paypal、Twitterなど人気のWebサイトからさまざまなバグバウンティのケーススタディをし SSRF、XXE、SQLインジェクション、認証の問題などアプリケーションセキュリティの脆弱性の経済的影響について説明します。
Webアプリケーションの構築において多くの企業で採用されている、.NET、Java、NodeJSに焦点を当てます。
CTFにチャレンジでき、実際のアプリケーションから派生したコードスニペットの脆弱性を特定する機会も得られます。

会場 詳細・お申込み
オンライン開催 詳細・お申込み

2021年10月 1日(金) - 2021年10月31日(日)
Advanced Infrastructure Hacking PartⅠ【10月中旬開催予定】

 Cyber Security

Claranet BIH-1.jpg

*通訳付きコース
最新の手口から変わり種まで多種多様のハッキングテクニックを紹介。インフラハッキングの最高峰。
Advanced Infrastructure Hacking は知識をより深めたい方向けのクラスです。
ペネトレーションテストやレッドチーム演習のためだけでなく、脆弱性管理について理解を深めるためにも、高度なハッキングテクニックを 理解することが不可欠です。ドメインコントローラーのハッキングからローカルルート、VLANホッピング、VoIPハッキング、クラウドアカウントキーの侵害まで全てカバーしているこのクラスを受講することで、最新のオペレーティングシステム、ネットワークデバイス、クラウド環境を危殆化させる、多種多様で高度なペネトレーションテストのテクニックを習得できます。

≪Advanced Infrastructure Hacking 受講で習得できること≫
• 組織のネットワークデバイスやオンライン・プレゼンスまたは人々の弱点を挙げ、調べ、狙いを定め、エクスプロイトできる。
• 【Webサービス、データベース、Windows、Active Directory、* nix、コンテナベースのVPN、VLAN、VoIP、クラウド環境】でアクセスを取得し、バイパスの制限・権限昇格・データ流出を実行し、長期持続させるための複雑な脆弱性と連鎖しているエクスプロイトプロセスを理解できる。
• 侵入済みのデバイスを使用して、他のプライベートネットワークにピボットしたり、ホワイトリストで保護されたり、ループバックインターフェイスからのみアクセスできるサービスにアクセスすることができる。

会場 詳細・お申込み
オンライン開催 詳細・お申込み

2021年10月 1日(金) - 2021年10月31日(日)
Advanced Infrastructure Hacking PartⅡ【10月中旬開催予定】

 Cyber Security

Claranet BIH-1.jpg

*通訳付きコース
最新の手口から変わり種まで多種多様のハッキングテクニックを紹介。インフラハッキングの最高峰。
Advanced Infrastructure Hacking PartⅡは、 Advanced Infrastructure Hacking PartⅠの続きのコースとなり、ハイレベルなコースです。
ペネトレーションテストやレッドチーム演習のためだけでなく、脆弱性管理について理解を深めるためにも、高度なハッキングテクニックを理解することが不可欠です。ドメインコントローラーのハッキングからローカルルート、VLANホッピング、VoIPハッキング、クラウドアカウントキーの侵害まで全てカバーしているこのクラスを受講することで、最新のオペレーティングシステム、ネットワークデバイス、クラウド環境を危殆化させる、多種多様で高度なペネトレーションテストのテクニックを習得できます。

≪Advanced Infrastructure Hacking 受講で習得できること≫
• 組織のネットワークデバイスやオンライン・プレゼンスまたは人々の弱点を挙げ、調べ、狙いを定め、エクスプロイトできる。
• 【Webサービス、データベース、Windows、Active Directory、* nix、コンテナベースのVPN、VLAN、VoIP、クラウド環境】でアクセスを取得し、バイパスの制限・権限昇格・データ流出を実行し、長期持続させるための複雑な脆弱性と連鎖しているエクスプロイトプロセスを理解できる。
• 侵入済みのデバイスを使用して、他のプライベートネットワークにピボットしたり、ホワイトリストで保護されたり、ループバックインターフェイスからのみアクセスできるサービスにアクセスすることができる。

会場 詳細・お申込み
オンライン開催 詳細・お申込み

アーカイブ一覧

お問い合わせ先トレーニング運営事務局((株)ナノオプト・メディア内)

03-6258-0590