トレーニング運営事務局((株)ナノオプト・メディア内)
03-6258-0590contact@f2ff.jp

Data Center

2022年3月 9日(水) - 2022年3月11日(金)データセンター設計の基礎

日程 2022年3月 9日(水) - 2022年3月11日(金)
受講時間 09:00-17:00
会場 Zoomによるオンライン開催
定員 10名
受講料
特別割引価格¥198,000(税抜)

コース詳細

Claranet BIH-1.jpg サーバールームやデータセンターの管理を担当することになりどのような知識をどうやって習得したらよいか困ったことはありませんか? データセンターの設計や関連機器を担当することになり、データセンターに特有の詳しい知識を習得する必要に迫られていませんか?
「データセンター設計の基礎(Data Center Design Awareness)」は、字義通りデータセンター(サーバールームなどを含む)の設計に関する様々なAwareness(=気づき)を提供するトレーニングコースです。
データセンターを実際に設計する人だけではなく、データセンターに関わる幅広い人たちが、その背景やトレンド、構築・運用するために必要な基本的知識を総合的に習得できるような内容です。一方的な講義だけでなく、ディスカッションやケーススタディを通して双方向に学習し、データセンター設計の基本的な要素を3日間で効率的に身に付けられるように構成されています。

トレーナー

佐志田 伸夫
Anant.jpg【経歴】 日本企業ならびに外資系企業において、電源設備・空調設備の開発・設計・コンサルティング・品質保証に40年以上従事し、 日本製品の輸出、海外製のUPSや空調装置の日本市場への導入などを技術面から主導してきた。 特にデータセンターのファシリティエンジニアリングにおける経験と実績は豊富で、国内・海外両方のデータセンターの特徴を熟知する深い見識を持つ。 現在は、シュナイダーエレクトリック株式会社にて、データセンターの計画、設計、コンサルティングなど技術全般を担当している。 グリーン・グリッド日本支部には創設時より参画しており、現在は同技術委員会代表を務める。 また、業界のキーパーソンとして数多くのカンファレンスに登壇、電気電子部門および総合技術監理部門の技術士資格者である。

プログラム (3DAYSコース)

― DAY 1
データセンターの歴史
• テクノロジーの進歩
• 現在のチャレンジ
• 関連業界団体
• 標準と規制
• 重要な定義、測定基準(メトリック)

ビジネス上の正当性とファシリティの分類
• 市場動向、市場規制と設計への影響
• 設計とプロジェクト遂行のプロセス
• 信頼性・冗長性
• データセンターダウンタイムの影響

サイト選定及び環境に関する考慮事項
• 推奨基準
• 地理的な影響
• 将来思考

建築設計と推奨基準
• 外部・骨組み構造
• スペースの考慮事項
• 規制と規則

フリーアクセスフロア
• フリーアクセスフロアの歴史
• 関連標準と規制
• 床荷重
• 亜鉛ウィスカ

― DAY 2
インフラストラクチャーコネクティビティ
• メタルケーブルテクノロジー
• ファイバーケーブルテクノロジー
• 設計の原則
• 最近/今後の展開

IT 機器およびネットワーク設計
• サーバー
• ストレージ
• ネットワーク機器
• テクノロジー開発
• 標準と規則

冷却システムと環境マネジメント
• 空調の基礎
• 各種の冷却方式
• ASHRAEの推奨規定
• 設計上の検討項目
• 空調の効率性
• 法令及び規則

電源システム
• 電気の基礎
• 電力品質と電力供給
• UPS
• 配電
• 非常用電源と再生可能エネルギー
• 法令及び規則

― DAY 3
ルームレイアウト
• 機器の考慮事項
• ITキャビネットタイプ
• ホットアイル/コールドアイル構成
• その他の装置の検討
• 適用規格

防火システム防火システム
• 消防法規
• 火災検知・警報システム
• 消火設備
• 設計上の検討事項
• 現在の標準と規制

セキュリティシステム
• セキュリティプラン
• 物理的セキュリティ
• セキュリティ機器
• 監視
• 方針と手順
• 規制と標準

監視システム
• BMSとDCIM
• 統合システム
• 計測と監視
• 適応基準

コミッショニングとハンドオーバー
• プロジェクトのフェーズ
• コミッショニングのスコープ
• コミッショニング計画、関連文書
• 保守計画
• 法令及び規則

コース修了試験

※プログラム内容は一部変更になる可能性がございます。

受講対象

  • データセンターの運用管理者
  • ITシステム管理者
  • システムエンジニア
  • 技術営業担当者
  • プロジェクトマネージャ
  • 設備管理者
  • データセンター関連の営業業務に携わる方など
既にこれらの業務についていおられる方はもちろん、これからデータセンター関係の業務に従事される方にも受講して頂いております。

受講のメリット

データセンターを建築・改装する場合に必要となる基礎的な知識、設備の設計を依頼するポイントが習得できます。また、講師の豊富な経験をもとに日本のデータセンター特有の要件、求められるテクノロジーや最新トレンドも知ることができます。当講師は受講者一人一人の職務内容や経歴に合わせた丁寧な講義で定評があります。
※最終日の修了試験に合格するとDatacenter Dynamics社発行のData Centre Design Awareness修了証が発行されます。

受講に必要なPC環境

オンライン開催となります。Zoom(音声・ビデオ両方)による授業とGoogle Formによる修了試験にアクセスできるPCおよびネットワーク環境が必要です。
いずれも事前にトライアル用のURLをお送りして疎通確認頂けます。
当日はスタッフが常時参加し問題があった場合もサポートいたします。
PCによる音声やビデオの利用に制約がある方は、PCとモバイル両方での同時ログインも可能です。

お問い合わせ先トレーニング運営事務局((株)ナノオプト・メディア内)

03-6258-0590